着物 処分

着物を処分する方法

着物がたくさんタンスの肥やしになっているという方、もう着ないから処分しようと思ったけど、どうやって処分すればいいのかわからない!となっていませんか?
そんな、いざとなるとよくわからない着物の処分方法についてまとめています。

1.一番おすすめの方法「買取してもらって処分する」

着物の処分方法で一番おすすめなのは、買取業者に買取をしてもらうことです。
古い着物やしみがある着物など、どんな着物でも査定してもらえるので一度査定に出すことをおすすめします。
着物買取の査定は、インターネットで簡単に申し込みができ、しかも無料でしてもらえます。
最近は査定員に直接家に来てもらう「出張買取」が人気で、買取してもらいたい着物がたくさんあるという方にとくにおすすめです。
いくらぐらいの値がつくかは、着物それぞれの保存状態が大きく影響するため一概に言えないのが現状ですが、一円にもならないと思っていた着物が実は有名作家の品であったとか、伝統工芸品で高額になったなどの例もあるため、最初から諦めずにダメ元で査定してもらうと意外な結果がでるかもしれません。
査定の金額に納得がいかなかったときは無料で買取をキャンセルすることができるため、安心して査定を依頼できます。
着物の買取業者はたくさんあるので、それぞれの特徴を比較して良さそうなところに依頼しましょう。
参考にランキングサイトをご紹介します。
着物 買取 処分

2.フリマなどで売って処分する

最近はフリマアプリが流行っているため、アプリを利用した着物の売買もよく行われています。
しかし、このようなインターネットを介した個人による着物の売買は、買い手がつく保証がないため、今すぐに着物を処分したいという人には向いていません。

3.人に譲る

知り合いや親族に着物を譲るというのは昔からよくされてきた方法です。しかし近年は着物を着る機会がめっきり減ってしまったことで、譲られても困るという人が増えました。近くにもらってくれる人がいない場合は、インターネットを使って着物を譲る方法もあります。

4.資源ごみとして出す

あまりにも傷みが激しい着物や、古すぎて貰い手がない着物などはごみとして出すことになります。多くの自治体で着物は資源ごみになりますが、一度自分の住んでいる自治体のごみの分別を確認してから出しましょう。